私のマタニティ記録(妊娠8ヶ月 / 28w〜31w)産休の日取り・無痛分娩の選択・妊婦検診について

こんにちは!chami(@chami_lifeblog)です。

現在妊娠10ヶ月、まもなく出産を迎えようとしています。妊娠8ヶ月のころを振り返ると、産休スタートの日程を決めたこと・無痛分娩を選択するかどうか・2週間に1回の検診で赤ちゃんの成長を確認していました。

初めての妊娠でわからないことだらけだったので、妊娠週数ごとにやったことや体調などを振り返っていきたいと思います。これから出産を迎える方、不安に思っている方の参考になれば嬉しいです。

私のマタニティ記録(妊娠7ヶ月 / 24w〜27w)赤ちゃんの性別・後期つわり・乳房チェックとお手入れ 私のマタニティ記録(妊娠9ヶ月 / 32w〜35w)切迫早産で入院〜自宅安静・内診の痛み・胎動カウント

産休育休のこと

妊娠8ヶ月にもなって今さら、なのかもしれないのですが、私の勤めている会社は、産休を取るのが私が初めて。女性ばかりの会社なのですが、結婚や出産を機にやめてしまう方が多かったので、どうやら産休を今までやってこなかったのだそう。

引き継ぎの進捗具合も順調だったので、残っている有給と産休を使い、妊娠9ヶ月の頭から休みに入らせてもらうことにしました。

chami

ちなみに、私の勤務形態は夫の扶養内のパート。パートでも条件を満たせば産休が取れることを初めて知りました。このご時世に、産休をとって戻ってくる場所を残しておいてくれる会社には、とても感謝しています。
参考 パートの産休育休について

ちなみに私の場合は夫の扶養内でパートとして働いており、勤務先の健康保険に加入していないため、出産手当金は出ません。雇用保険には加入しているので、育児休業給付金は支払われる予定です。

chami

初産なのでわからない用語ばかり!いろいろ調べて勉強になりました。わからない時は会社の労務士さんなどに聞くと教えてもらえますよ。

無痛分娩を選択するか悩む

妊娠したとわかってから、ずっと迷っていた無痛分娩。幸いにも子宮がん検診の時から今まで通っている産婦人科が無痛分娩を導入しているところだったので、選択肢としてずっと残っていました。

妊娠7ヶ月のころに無痛分娩を選択しようか悩んでいるとお医者さんに伝えたところ、「計画無痛分娩にする?和痛分娩にする?」と聞かれ、???が浮かんだ私。完全に勉強不足でした。

計画無痛分娩とは、分娩予定日を決めて陣痛促進剤を入れて出産する無痛分娩のこと。和痛分娩は、自然と陣痛が起こるのを待ち、陣痛が強くなってきてから麻酔を打つことで痛みを和らげる分娩方法のこと。(病院によって定義が違うところもあるので、詳しくは通っている病院に聞いてみてくださいね。)

なるほど、私が想像していたのに近いのは計画無痛分娩だけど、初産なので子どもの誕生日をこちらで決めてしまうのはなんかなぁ…と思っていました。先生からは、「初めての出産だから、いきむタイミングとかわからないことも多いと思うし、和痛分娩をおすすめする」とのアドバイスをいただきました。

実施に関しては次回の検診で、ということで持ち帰り夫にも相談。夫は、「痛みを感じるのはchamiのなのだから、無痛分娩を選んでいいと思う。先生がおすすめする方法を選んだら?」と無痛分娩には積極的な考え。もともと私自身も、痛みに耐えてこそ母性が生まれる、的な考えが苦手だったので、今回は和痛分娩を選ぶことにしました。

chami

コロナ禍ということもあり里帰り出産もできず、出産後は夫婦で育児生活を送っていくので、少しでも母体にダメージが少ない方を選びました。

もちろんデメリットもあって、

・深夜の出産は麻酔科医の先生がいないから和痛分娩ができない

・完全に痛みがないわけではない

・出産費用にプラス費用がかかる

・いきみ逃しをしたりすることで、分娩が長引く可能性がある

などなど…。何に対してもデメリットは生まれてくるので、肉体的・精神的にダメージが少ない方を選びたいと思い、私は和痛分娩を選択しました。和痛分娩での出産は、また別記事でレポートしたいと思います。

2週間に1回の検診

妊娠8ヶ月の間は、2週間に1回の検診を受けてきました。私が受けたのは、28w・30wの時。28wでは中期の血液検査とおりもの検査。30wでは、心電図の検査を受けてきました。

この時点では、血液検査もおりもの検査も、心電図も全く問題ないとのこと。おなかの張りに気をつけて、動ける範囲で無理せず動いてというアドバイスをもらっていました。

chami

このアドバイスを受けて、出産前に気になることをやっておかなきゃと思って動き回った結果、妊娠9ヶ月の時に入院の危機が訪れます。妊婦さんは無理しちゃだめ!

妊娠8ヶ月で行ったこと

chami

あくまでも私が通っていた病院で伝えられたことなので、病院によって確認できることの差があると思います。参考までにしてくださいね。

28w

・妊娠が分かって12回目の診察

・妊婦健診の受診票を使用(8回目)

・胎児の頭の大きさは、7.0cmくらい

・28wの診察から、推定体重を計測してもらった→28wで1200gくらい

・中期採血の実施

30w

・妊娠が分かって13回目の診察

・妊婦健診の受診票を使用(9回目)

・胎児の頭の大きさは、7.5cmくらい

・推定体重は、1500gくらい

・げっぷつわりが治らず、再度薬の処方をお願いした

・和痛分娩の説明を受ける

おわりに

比較的元気だった妊娠7ヶ月〜8ヶ月。お仕事の引き継ぎやら出産前の片付けやら、今のうちに出かけておかなきゃと動き回っていたころでした。少しずつ近づいてくる予定日にそわそわしたり、ベビーグッズを揃えたり、寝室とリビングの掃除をして赤ちゃんと過ごす生活を夫婦で考えたり。

妊娠9ヶ月では、まさかの入院と自宅安静の診断。妊娠をした自分の体について考えを改める時期でした。

私のマタニティ記録(妊娠7ヶ月 / 24w〜27w)赤ちゃんの性別・後期つわり・乳房チェックとお手入れ 私のマタニティ記録(妊娠9ヶ月 / 32w〜35w)切迫早産で入院〜自宅安静・内診の痛み・胎動カウント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です