【マイホーム】キッチンは私のお気に入りの場所!我が家の間取りのアイディア7選

こんにちは!chami(@chami_lifeblog)です。

結婚が決まってからマイホームを建てはじめ、住みはじめてもう間も無く1年。注文住宅だったので設計時によくシュミレーションして考えたせいか、引っ越した頃は不便はありませんでした。

chami

コンセントの位置など、家の中での動き方を細かく考えながら設計士さんと相談しました!

この家に住んで約1年経って、『ここはこうして正解だった!』ポイントや『ここはこうすればよかった』ところなどが見えてくるようになりました。

私が実際に使っていて、気づいた正解ポイントや反省ポイントをご紹介します♡

【レビュー&使い方解説】自動給餌器「Dopet」があればペットのご飯の心配なし! 寝つきが悪い方へ!スムーズに寝るためにおすすめしたい6つのこと

こだわって正解ポイント

①居心地の良さにこだわった落ち着いたテイスト

我が家のキッチン&ダイニングはこんな感じ。落ち着いたブラウンをメインカラーに使い、カウンターキッチンのクロスはネイビーでアクセントになるようにしました。

ダイニングのライトは、ダクトレールにして可動式にしました。ペンダントライトのケーブル部分がさみしかったので、LEDイルミネーションライトをつけて華やかに。

chami

夜、明かりがつくととっても綺麗♡ホームセンターで約3,000円くらいで買えますよ!

②リビングと向かい合ったキッチンで孤立感がない

1人暮らしのころキッチンがリビングの外にあり、友達が来てもキッチンに立っていると孤立感があって居心地がよくなかったのです。その経験を元にリビングとキッチンの境を無くしリビングと向かい合う方向にシンクを置きました

今では料理しながらでも、TVを見ている夫と話しながら作業できるし、私自身もTVを見ながら料理できたり。

③キッチンのワークトップの高さ選びは慎重に!

キッチンに立つ時間が長いので、少しでも居心地がよく使い勝手のよいものを選ぼうと思い、アイテム選びには時間をかけました。

中でもキッチンのワークトップの高さは、料理や片付けのしやすさを左右するもの。かなり慎重に選びました。

システムキッチンのメーカーによりますが、高さ展開は80cm/85cm/90cmの3パターン。155cmの私にとって、高さ80cmか85cmのどちらかを選ぶことになりました。実家や友人の家のキッチンの高さを参考にさせてもらい、キッチンマットやスリッパを履くことを考慮して、85cmの高さに設置してもらうことを決めました。

chami

低すぎると腰が痛くなっちゃうし、高すぎると作業しにくい!

長く使うものだし、自分にあったちょうどいいサイズを見つけるまで考えました。

ちなみに、写真のシンクの三角コーナーはTOWERのもの。これは、キッチンになくてはならないアイテム。掃除も簡単、いらないときはさっとしまえます。

created by Rinker
山崎実業(Yamazaki)
¥646 (2019/11/18 22:35:06時点 Amazon調べ-詳細)

④お掃除が簡単なIH

設計の段階でキッチンの高さと同じくらい迷ったのは、コンロの種類。今までIHを使ったことがなく、周りに使っている人もいなかったので、とても迷いました

IHのメリット・デメリット

<メリット>

  • 掃除が簡単
  • 火を使わないので、火事の心配がない
  • 夏場でも暑くない

<デメリット>

  • IH対応の調理器具でないと使えない
  • 停電時に使えない

悩みに悩み、IHを導入することに。決め手は、掃除が楽というところでした。

最初は扱いや火の調節に慣れるまで恐る恐る使っていましたが、今となっては掃除も楽だし暑くないし安全。IHにしてよかったと思っています。

chami

とにかく家事は楽にしたい、手間を最小限にするのを優先しました!

ちなみに我が家はオール電化ではなく、水道はガスを入れています。

⑤散らかりがちなゴミ箱は見えないところへ

生活感がでるゴミ箱の設置場所は、システムキッチンに隠れるよう食器棚の下へ設置。食器棚は造作でお願いしたので、設計の段階でゴミ箱の位置を指定しました。

カウンターにくっつけたダイニングテーブルからは、死角になるのでゴミ箱は見えません。生活感をなるべく出したくない方は、あらかじめ設計の段階でモノの置き場所を決めておくといいですよ!

⑥収納力抜群のパントリー

キッチンは、ストック類などで何かとものが多くなりがち。ストック類はまとめてパントリーへ収納しています。(写真の右奥のブラウンの扉がパントリーです)

ある程度の大きさを確保しておけばなんでも入れることができるので、保存できる食材をここに全て収納しています。小さな部屋のパントリーにしたかったのですが、スペースの確保ができず棚のパントリーになりました。

chami

お米、飲み物、食材、キッチンペーパーなどは、全部ここへ。収納力抜群!

⑦フォトレールに吊り下げたコルクボードはお気に入りスペース

キッチンカウンターの横の壁には、造作でフォトレールをつけてもらいました。フォトレールと言っても写真を飾るのではなく、見せる収納として使っています。

コルクボードを吊り下げて、飾りたいもの・メモ・いつも使うショッピングバッグやキャップなどはここに収納。

壁に穴を開けることなく吊り下げるだけで自由にアレンジできるので、これはやってよかった!設計士さんからも、このアイディアはいいですね!と褒めていただきました♡

ここはこうすればよかったポイント

食器棚のデッドスペース&後ろのカウンターの壁の有効活用

造作の食器棚のカウンターは、調理家電を置くスペース。余裕を持ったスペース作りができたのですが、上の食器棚が高くてとても使いにくい…。踏み台を使っても、1番上の段は届きません。

滅多に使わないシーズンものの食器や、使わなくなってしまった家電などをしまっていますが、ゆくゆくは使い方を考えないとと思っています。

同じく使い方を考えないとと思っているのが、壁のスペース。ある程度抜けを出して窮屈にならないようにしたのですが、それでもこの壁のスペースが何かに使えないかなと思っています。

使い勝手の良さそうな吊り下げ収納をつけたりしようかな。

ダイニングテーブルのコンセントの位置

ダイニングテーブルにコンセントを作りたいと当初から考えていたので、カウンターの壁にひとつ設置。鍋やホットプレートを使う時に、このコンセントをとてもよく使います。

設置をしてよかったものの、細かなことを言えばもうちょっとセンター寄りにすればよかったな…。想定した位置にコンセントを付けたものの、実際に家具を置くとちょっとしたずれが起こりがち。設計士さんに位置の確認をもう一度すればよかったです。

chami

ダイニングテーブル近くにコンセントを付けておくのは、とても便利なのでおすすめ!

おわりに

私がメインに使う場所は私が考えたい!と夫に伝え、設計士さんと一緒に使い勝手のいいキッチンを目指しました。こうしたいというアイディアは入れ込むことができたので、今キッチンを使っていて大きな不満はなく満足しています

設計を考える上で、アプリ『Pinterest』と『Roomclip』をよく使いました。

Pinterest – おしゃれな画像や写真を検索

Pinterest – おしゃれな画像や写真を検索

無料posted withアプリーチ

RoomClip 部屋のインテリア・家具・DIYの写真を共有

RoomClip 部屋のインテリア・家具・DIYの写真を共有

無料posted withアプリーチ

 

これからマイホームを建てる方の参考になれば嬉しいです。

【レビュー&使い方解説】自動給餌器「Dopet」があればペットのご飯の心配なし! 寝つきが悪い方へ!スムーズに寝るためにおすすめしたい6つのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です